NISAとはということについてシンプルに考えてみると、株や投資信託の売買益を非課税にするということです。
日本では2014年に開始した取り組みで、年間にして120万円までが非課税で売買できる枠となります。
実際には日本に住んでいる20歳以上という条件があり、ひとつの口座のみを持つことができます。
気になる非課税枠についてもう少し詳しく見てみると、配当や売買差益といったものがその対象になっています。
毎年の枠ですが最長で5年間の計600万円までで、今現在一般口座や特定口座のものをNISAで引き継ぐということはできません。

NISAで取引できるものといえば、ざっくりと3つに分けて、株、投資信託、ワラント債があります。
ただし、株でもリスクが高い信用取引は含まれませんし、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。
比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。
FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。
NISAという商品が生まれた理由ですが日本では預金する傾向がとても高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。
つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAのメリットといえば非課税ですが、その一方でデメリットもあります。
それは「NISAは損失の繰り越しができない」ということです。
含み損のある状態で5年を迎えた場合、証券会社だったら、特定口座か一般口座に引継ぎとなるのですが、NISAの場合、引き継いだ際に手数料はかからないのですが、その値段で新規に買ったということになります。
50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、株価が上がって30万円で売却したとすると、25万で取得したものが30万円で売れたということになって所得が出たと判断されるのです。
ですから、引継ぎをする場合でも含み損が出ているようであれば、一度決済してから買い戻すほうが得策かもしれません。
こういった総合的なコストを含め実際的なデメリットと言えそうです。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。
はじめるだけであれば、最寄のゆうちょや銀行などでもはじめられます。
とはいえ、ゆうちょや銀行では本当にただはじめるだけという人向けなので、しっかりと収益を上げたいと考えている方には、ネット証券での口座開設を強くおすすめします。
基本的に銀行やゆうちょなどで取り扱っている金融商品は、ローリスクローリターン型の投資信託です。
初めての方には悪くはないと思いますが、収益を考えた場合物足りなさは否めません。
独占の金融商品に興味があるという場合を除けば、取扱い金融商品が豊富で手数料が安いネット証券がオススメです。
今ならまだ間に合う、NISAの口座開設を考えているなら、まず最初に考える必要があるのは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座というものは1人につき1つしか持てないので、対応している金融機関の中から厳選する必要があります。
一番有力な候補となり得るのが証券会社です。
数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。
あとは手数料だけではなく、キャンペーンなども合わせて検討するといいですね。
例えば売買にかかる手数料を0円になるというものもありますし、キャッシュバックがある場合もあります。
投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

非課税という響きが魅力的なNISAのおすすめはどれでしょう?
もしあなたが投資の初心者だったとすれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。
これは預金と比較してどうかということではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。
株であればその会社の業績が下がると値が下がっていきます。
銀行など生活密着型の金融機関でも売られている投資信託は簡単そうに感じるかもしれませんが、投信自体を構成する金融商品がどういう基準で選ばれていてそれがどういう条件でどういう変化を起こすのかを知っておく必要があります。
その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

NISAで5年後どうするかというのは外せないテーマです。
というのもNISAでは最長5年間というルールが設定されているからなんです。
タイムリミットが来た時に私たちは実際に何ができるのでしょうか。
その時に一度売却してしまうというのが分かりやすいですね。
期限が切れた枠を新しい枠にする方法があります。
通常の証券口座で運用を続ける方法もあります。
NISAをどのように使うのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、含み損がでているものを通常の証券口座に移すと、損益通算ができないため結果的にマイナスとなる可能性があることは覚えておきましょう。

NISAで投資信託に投資するのは初心者向けと言われています。
なぜかと言うと投資にかかる費用が少なくて済むからですね。
現物株の場合、1単元につき数万円から数十万円程度となりますので、投資できる数は限られてきます。
一度にまとまった額を投資することから心理的なハードルも高くなります。
それとは反対に、投資信託の場合は複合的な金融商品のため、年間120万の枠があるNISAでも分散投資が可能です。
投資にまわす予算があまり取れない方にもおすすめですね。
プロに運用を任す場合、手数料や信託報酬といったコストが発生しますのでその点はご注意ください。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために自ら口座開設をしてお金を出し投資していくというものです。
一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが代理で運用していく仕組みとなっています。
ジュニアNISAには、口座開設ができない未成年のためという面と、子供や孫の備えという2つの面があります。
ジュニアNISAには18歳まで払い出しができないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。
2024年以降の各年において非課税期間を満了したとしても、一定の金額までは20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?
取引先の銀行とのお付き合いだったりいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、基本的には手数料が安くて取扱い金融商品が豊富なネット証券がおすすめですよ。
ゆうちょや銀行などは身近にあるお店では、NISAって何?というところから丁寧に説明してくれますから、面と向かってやり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。
NISAの最大のウリである非課税になるというのは、支払うコストが低くなるということですから、どうせなら手数料もできるだけ下げていきたいですよね。
なるべくリスクを低くすることも考えて銀行か証券会社かを決めましょう。

NISAの解約可否について気になるという方もいらっしゃると思いますが、手続きはできますからまずはご安心ください。
ただし条件があって残高があると解約はできません。
証券会社や銀行などによって、解約手順は多少異なると思いますが、廃止手続きをするための案内に従って進めることになります。
もう少し具体的にお知らせすると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と一緒に送付します。
必要な書類は、申し込みをした段階で送付されてきます。
いつでも解約できるという点は、原則60歳まで解約することができないiDeCoとの大きな違いです。
解約しやすいということはそれだけはじめやすいということでもありますね。

NISAの最大のメリットといえばやはり非課税ということですよね。
この非課税というメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。
120万円の非課税枠は、毎年使い切りです。
枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。
こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円までという枠なので120万円を超える商品は購入できません。
枠そのものを持越しすることもできませんので、年内に使いきれなかった分が、翌年増えるということにはなりません。

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。
1年に1回変更できるようになりました。
あるいは、通常のNISAを「つみたてNISA」に変更したい場合もあるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。
ここで心配になってくるのが、変更前に購入した株や投資信託が、変更時に強制的に解約しなければいけないのか?ということだと思います。
結論から言うと、そこは問題ありませんのでご安心ください。
前年度に買った金融資産はそのまま持ち続けることが可能です。
もちろんNISAという枠組み自体の制限はそのままですので、その点はお気を付けください。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。
雑誌などで目にしたという人もいるかと思います。
ですが実際に手を付けるかどうかは難しい問題ですよね。
預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、減ってしまうリスクはやはり怖いですしね。
私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。
老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先を想像してみるといいですね。
先の明るい企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。
失敗の原因には、NISAの仕組みによって起こる可能性があるもの、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みを活かしきれず逆効果になってしまった場合のリスクの3点です。
NISAの仕組みによる失敗ものと言えば期間終了時に含み損が出ていた場合に、そのまま通常口座に移行させると値下がりした後の金額が基準になってしまい余計に課税されることです。
金融商品自体がもっているリスクというのは端的にいってしまうと、金融商品ですから値下がりしたら損だよねということです。
NISAの仕組みによって非合理的な行動を取ることによるリスクというのは、120万円の枠内に収まるよう投資先を考えるといったタイプの思考法のことを意味します。

NISA口座の開設の条件に職業や年収は問われませんので、上記の条件を満たしていれば、専業主婦でもNISAの口座を作ることができます。
参考ページ⇒NISAの口座は専業主婦でも作れる?【おすすめの証券会社は?】

関連記事

    None Found