何気なく出していた暑中見舞いですが、暑中見舞いには一番暑い時期にお世話になっている方や知人へ健康を気遣うものという意味があるとは知りませんでした。

暑中見舞いを出す時期にも最適なタイミングがあり、
学校が夏休みに入ったあたりからお盆の前までは暑中見舞い、
お盆以降は残暑見舞いを送るとされていました。
しかし最近では送る時期が早まり、
今では梅雨明けもしくは小暑の頃から立秋までを暑中見舞いの時期とし、
立秋以降から8月末までを残暑見舞いの時期とするようになっています。

年賀状は専用のハガキがあると知っていましたが、暑中見舞いにも「かもめーる」という専用のハガキがあり、さらにくじも付いていると知り驚きました。
また、年賀状の場合は喪中だと送ることができませんが、暑中見舞いや残暑見舞いは喪中でも送って問題はないということも初めて知りました。
喪中の方へ送るのも問題はないとされていますが、ハガキの絵柄に注意したり、四十九日を過ぎてから送るといった配慮は必要です。
参考サイトはコチラ→暑中見舞い マナー

そして、ハガキがお守りになる「お守りかもエール」というとても面白いサービスがあることを知り、すごく興味を持ちました。
テンプレートをダウンロードしてそれをプリントアウトしてメッセージを書いて送り、受け取った方が折り線にそって折るとお守りのようになるということで、仕事を頑張っている人や何かに頑張っている人にエールを送りたい時にはぴったりだなと思いました。

関連記事

    None Found